BCAA

肝疾患慢性化によって引き起こされる肝性脳症と呼ばれる脳障害や、精神的な働きや運動能力の増強や改善、また、運動中の筋肉疲労や操病といったの症状に効果を発揮する栄養素として挙げられるのが「BCAA」と呼ばれるサプリではないでしょうか。

これは「BRANCHED_CHAIN AMINO ACIDS」の略称であり、「分岐鎖アミノ酸」「パリン」「ロイシン」「イソロイシン」「必須アミノ酸」とも呼ばれているようです。

上記の症状以外にも、抗精神病薬が原因としておこる「遅発性ジ スキネジア」と呼ばれる運動障害の改善のほか、血液透析を受けている高齢者の食欲不信、栄養失調といったものの改善などに効果があると期待されているようです。

必須アミノ酸と呼ばれているもののうち、パリン、ロイシン、イソロイシンという3つが分岐鎖アミノ酸として機能すると考えられているようです。このアミノ酸が、筋肉エネルギーの代謝に作用し、筋肉の疲労や損傷といったものを抑えてくれると考えられているようです。

近年では、脂肪燃焼効果を期待し、ダイエットなどにも取り入れられることが多いようですが、科学的なデータでは脂肪燃焼効果は認められていないと言われています。

また、科学的根拠は得られていないものの、「SCD」と呼ばれる脊髄小脳変性や疲労感、集中力の改善、がんが原因とされる摂食不良や、寝たきりの状態で生じてしまいがちな筋肉の消耗といったものにも効果を発揮すると考えられているようです。

6カ月間くらいの使用であれば安全と言われているようですが、過剰摂取によって血液中のアンモニア濃度が上がり、疲れやすくなったり、筋肉運動の不調といった症状が出てしまうこともあるようです。

そのため、自動車を運転する前や、機械を使用する作業前などの摂取には注意が必要と言えるでしょう。

また、糖尿病患者や妊娠授乳期の方、酒量の多い方も気を付けなければならないでしょう。